主婦パート志望動機でおさえておきたいこと

主婦がパートを始めようとするとき、志望動機は必ず聞かれますよね。一体どんな志望動機がいいんでしょうか?ここでは主婦がパートをするときの志望動機について書いてみます。

主婦の方々が子供がある程度大きくなり母として女性とし自分一人の時間ができるとパートに出て少しでも家計の足しになるようにと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。または共働きで扶養控除内で働きたいと考えパートを探す方もいっしゃるでしょう。働きに出る上でまず必要になってくるのがパートの志望動機となってきます。

どんな志望動機がよいのか悩みますよね。働きたい会社がすぐに見つかった場合ならここで働いてみたいとしたら何かしらのポイントを探せるかもしれません。まずは、その理由を具体的な言葉にしてみることが大切です。まずはどこの会社でもいいんだと思わせるような雰囲気がよさそうだからとか仕事内容に関心を持っているなどの内容です。このような内容だと採用担当者から「この人はどこの会社でもいいのか」と思われてしまう可能性もあります。

なのでご自身の思いをはっきりと伝えることが大切になります。例えばの話お気に入りのカフェがあり自分もここで働きたいと思ったとします。志望動機としては「何度も来店していてスタッフの対応が素晴らしかったので一緒に働いてみたいと思ったなどは良いと思います。志望動機を悩んでインターネットを参考したいと思うこともあるかもしれませんが、採用担当の人はたくさんの面接をしてきて面接をしてみれば一発で見抜かれてしまうでしょう。かと言って主婦の方の志望動機が一行で終わってしまうの味気ないですし長ければ長いほど言う訳でもありません。

または主婦の方の志望動機として過去の業務経歴をアピールするのもよいかもれしません。事務経験がある場合ならば「ワード、エクセル、パワーポイント、フォトショップ」などの操作が得意積極的に打ち出していくのもよいでしょう。

経理に携わっていたとなれば、「社員の給料計算もしていました」となれば経験がよりはっきりなるだけでなく、自分の意思表示jもでき意欲もより印象づけられて好印象になるでしょう。主婦がパートに応募する場合には家庭事情がそれぞれなので志望動機と共に一緒に働ける時間や日数に制約があるため希望する職場だから志望したいと場合もあるでしょう。

また主婦の志望動機もありますが、働く時間も問題となります。前にもお話ししましたが「扶養控除の範囲内で働くか、またはフルタイムで勤務可能なのか、週の決まった曜日または時間に働きたいのかもよります。

主婦の方なので自分の志望動機を考える時間もなかな割くことも難しいかもしれませんが是非上記のことを加味して志望動機をお考えして頂けたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする