主婦のパート面接服装情報

結婚して主婦になりようやく求人から自分の働きたいと思えるものを見つけていざと面接に行くことになってさて服装どうしようなんてこと起きそうですよね。学生の時からの久しぶりの面接のなればスーツを持っていないなんて主婦の方なら多々あります。結婚や出産は個人個人でタイミングや時期が違うものだからなかなか知り合いに面接の時の服装を聞けなかったりもありますね。そこでどのような服装が相応しいかを考えてみましょう。

パートの面接の場合、形にこだわらないからと私服でも大丈夫かもなんてありますが、やっぱり面接に実際に行ってみてちゃんとしたスーツにしてたらなぁと後悔しても勿体ないのです。

スーツで行くとなった場合の相応しいものと言えば一番に色は黒、紺、ベージュでシンプルでかつデザインもご自身体にフィットするものが良いでしょう。ボトムなどはズボンでもスカートでも大丈夫です。学生の時の就職活動で着ていたリクルートスーツは印象が若く見えてしまい、反対に職業経験が浅く見えてしまったりもありますので着用しないのが無難です。手元にリクルートスーツしかない場合にはインナーに着るものをカットソーにすると印象がかなり違ってきます。

スーツに合わせるインナーは基本は色が白が良しとされますが、次には薄いピンクやベージュでも大丈夫でしょう。ストッキングはラメ入りの派手なものは避けて普通の肌色の無地のものでベージュが一番です。靴に関しては黒が一般常識で

ヒールの高さ5センチ前後のものをチョイスしておきましょう。鞄は大きさの目安はA4の書類(履歴書が十分に入るサイズ)ならば大丈夫とされています。装飾品のアクセサリーは時計など結婚指はを除外して付けていかないのが良いです。髪型は、好印象を出すためにはきっちとして見える爽やかな髪型にしましょう。面接時に挨拶をした際に頭を下げて顔にかかるのは良くないので然りとゴムで髪の毛を結んでどんな時でも顔がしっかりと見えるようにします。

メイクは自然なメイクが良いでしょう。ノーメイクや派手なメイクや真っ赤な口紅は面接の場には合わないです。

ある調べによると主婦のパートやアルバイトの面接の最も時に場に適した服装はジャケットなどちゃんとしたものが良いとされています。職種によって適した面接の服装は変わってきます。なのでもう一度それぞれの職種にあった服装を見てみましょう。

例として人気のある医療事務、飲食店、工場での面接の服装をクローズアップしてお話します。まずは医療に携わる場なので家にある簡単な正装したとして大丈夫ですが、スーツなどが好印象となります。あとはしっかりとした身支度として爪をしっかりと切り靴は傷汚れはなく、ヒールの高さも低いものを選びましょう。

飲食店の場合面接は私服でも大丈夫という場面が多いですが、カジュアルなものは避けましょう。

どんな職業でも、その場に応じた服装をしっかりと選んで面接に向かいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする