主婦のパート!医療事務情報!

主婦の方の育休後の社会復帰の一つとして医療事務を考える方もいらっしゃるでしょう。特に資格や免許は必至ではありませんが,専門的な内容が多い職業なので資格を取得しておいた方が実際に働くとなった時に即戦力として見てもらえ、就職活動の時に有利になります。

まずは資格取得の方法が四つありますので順にお話します。一つ目は通学講座で学ぶ、二つ目は通信講座で学ぶ、三つ目は短大や大学に通って学ぶ、四つ目は独学で勉強するです。または、離職中に限りハローワークでの医療事務を職業訓練等で学べる場合もあります。一度職業経験があれば、たとえ旦那さんの転勤で引越ししたとして引越し先でもパートして就職しやすくなるでしょう。

仕事の内容は、病院に通院して来られた患者様の対応をする窓口での業務に続き、患者様の容態伺い、診察券の有無を確認します。通院される方も年齢や体調も人それぞ違うため一人一人のデリケートな気持ちもあるためマニュアル対応ではなく臨機応変さが必要でしょう。通院する方々に対する機会も多いため知識は勿論のことコミュニケーションを大切にすることが求められます。求められることはたくさんありますが人と関わることで仕事への糧になるとも言えます。患者様から感謝されたり、笑顔で返して下さるとすればどれほど気持ちよく仕事ができるでしょうか。

さて次の業務内容は、はレセプトと言う医療報酬明細の作成業務となり、近年はコンピューターによりIT化されましたが明細書などへの間違いの無いよう注意が必要です。また診察カードや保健所を通院された患者さんへ返却することも忘れてはいけませんね。

給料、年収については平均年収が250万~350万円未満になります。知り合いの話を聞いた事がありますが、主婦なら大丈夫でも一人暮らしするには一月の給料が足りず日雇いのバイトする人もいるとことです。

そう考えるとやや年収としても月収としても他の職業から比較すると低めの年収になるかもしれません。求人が多いパートの平均収入を下げてしまっているかもしれません。

そうは言っても医療事務の仕事は主婦の方にとっては家事、育児、仕事のバランスをとりやすく収入面だけでなく働きやすい環境を作り安いでしょう。

また主婦の方の医療事務で働きたい気持ち次第ですが、本気であるかです。主婦として日々家事と子育てに追われる中での大切な時間とお金を捻出して資格取得しよとするのですから医療事務の仕事に関心を持てるか資格なくても大丈夫な分野なので、トライしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする